本文へスキップ

Sensor Network Communication

株式会社セネコム 

TEL. 048-242-0770

〒332-0032 埼玉県川口市中青木1-1-25

|3次元 超音波風向風速計 SE-USW3D▸風向風速計システム品データロガー

3次元超音波風向風速計は、可動部分のない3軸(3次元)高速、高分解能風向風速計です。センサーは耐腐食性です。また長期間メンテナンスフリーとして校正の必要がなく過酷な条件下(-40℃から+70℃)でのヒーター機能もあり安定した計測ができます。すべてのデータは32bitの高精度プロセッサーによって処理され測定値を提供します。また出力データはアナログ、デジタルRS485 /RS422出力に対応しています。ネットワークSIM通信シンプルロガーと接続しPC・スマートフォンなどでリアルタイムデータを確認することが可能です。
3成分超音波風向風速計 セネコム■32bit高精度プロセッサーによる計測データ
■メンテナンスフリー
■計測&データ出力は1ms~60sの高速測定(任意設定)
■測定データ出力はアナログ/デジタル出力(任意設定)
■出力フォーマットASCII、NMEA0183Ver3、ユーザー定義
■低温時対応ヒーター(温度自動制御対応 ON,OFF)
■RS485インターフェースによるファームウェアアップデート機能
■3D超音波風向風速計 3次元風向風速センサ
 SE-USW3D

型式 ①SE-USW3D-213 デジタルRS485半二重・アナログ:4~20mA 
②SE-USW3D-203 デジタルRS485全二重
③SE-USW3D-223 デジタルRS485半二重・電圧:0~10V
④SE-USW3D-214 デジタルRS485半二重・アナログ:0~20mA
風速 測定範囲:0.01~85m/s 
分解能:0.1m/s(スタンダード)0.01m/s(ユーザー定義)
精度:±0.1m/s(0~35m/s)、±2%m/s(35~65m/s)、±3%(65~85m/s)、アナログ出力は自由に設定可能
風向 測定範囲:0~360°/540°/720°
分解能:1°または0.1°(ユーザー定義)
精度:±1°(1~35m/s時)、±2°(35~65m/s時)、±4°(65~85m/s時)
音仮温度 測定範囲:-40~+70℃、分解能:0.1K(テレグラム1~5)、精度:±0.5K
デジタルデータ出力 RS485/RS422、ボーレート1200~921600Baud
データ項目:瞬時値、平均値、標準偏差
出力間隔:1ms~60s
ステータス信号:ヒーティング、測定部エラー、測定部温度
アナログデータ出力
型式による指定
0~20mA、4~20mA、0~10V(ベクトルXYZまたは風速、風向、音仮温度)
出力項目:瞬時値、平均値(0.5秒~100分で設定可能)
出力間隔:7.5~256ms(設定可能)
分解能:16bit
電源(ヒーター無し) 8~78VDC 又は 12~55VAC(最大2.5VA)45~65Hz
電源(ヒーター付) タイプA:24VAC/DC±15%(150VA@24V)
アーム+ロッド+USコンバータ
タイプB:48VAC/DC±15%(360VA@48V)
アーム+ロッド+USコンバータ+ハウジング
ハウジング ステンレス(V4A) IP67
センサー固定ポールサイズ マストチューブ 1.5インチ(38.12mm)
サイズ/重量 約 H600mm×φ300mm
重量 3.4kg
通信/電源ケーブル ポリウレタン 4x0.75+2x2x0.14mm2
※上記仕様は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。
HOME ▸BACK

ナビゲーション

   

バナースペース